ASICS(アシックス) DS LIGHT 2 TF を購入してみた。

アシックス フットサル

今まで使っていたフットサルシューズを手放すことにしました。

サイズがきつくて、爪先が窮屈で、早く買い替えたいなと思っていたのです。

近所のスポーツショップをのぞいてみたところ、自分の足に合うワイドタイプのシューズを見つけたので、思い切って買ってみることにしました。 “ASICS(アシックス) DS LIGHT 2 TF を購入してみた。” の続きを読む

スペイン バスク州 サン・セバスティアンで食事をしてみた【2017秋】

sakona coffee

sakona coffee
2017年の夏休みに、グルメの街として知られるスペインのサン・セバスティアンへ行ってきました。

朝、昼、夜と時間の許す限りバルへ足を運び、印象的だった店をご紹介します。

どうぞ!

●朝食

▼フアンチョ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
地元のおじさんたちに人気のバル。朝早く行くと、常連とおぼしきおじさんが、他のお客さんや店主と楽しそうに会話をしている。カウンターに10種類ぐらいのサンドイッチが並んでいて、どれも食べてみたくなった。迷った挙げ句、トルティージャのサンドイッチに決定。夢中になって食べていると、店主が出来たてのサンドイッチを次々とカウンターに並べていたので、今度行く時は、今回よりも少し遅く、朝10時ぐらいに訪ねてみたい。再チャレンジ!
JUANTXO

▼MAIATZA(発音が分からない。マイアツァなのかな)(旧市街 パルテ ビエハ)
上記フアンチョと同じ通りにお店が2つある。一つ目の店舗に行った時、まだ開店前で準備中だったので、諦めてとぼとぼ歩いていたら、同じ名前のもう一つの店舗が空いているのを発見。トマトとオリーブオイルが乗った全粒粉パン、キウイやグラノーラ入りの濃厚ヨーグルトを注文した。パンに飽きた時にヨーグルトはぴったり。日本のヨーグルトとは異なり、ねっとりしていて、濃厚。体に優しい朝食で1日を始めるならココ。
(なぜかグーグルマップに見当たらず)

●おやつ

▼オタエギ(旧市街 パルテ ビエハ)
旧市街の真ん中にある創業1886年の老舗菓子店。パステル バスコ(バスクの焼き菓子)とプラムケーキをホテルの部屋に持ち帰った。おやつにぴったり。
OTAEGUI

▼オイアルツン(旧市街 パルテ ビエハ)
サン・セバスティアンの目抜き通りに面した創業1972年の老舗菓子店。ナポリターナ(チョコレート入りのパン)、ブニュエロ(ドーナツ)、ポルボロン(小麦粉や砂糖で作られたお菓子)を食べてみた。甘いものが好きな人におすすめ。
OIARTZUN

▼ラ ヴィーニャ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
バルなのだが、チーズケーキで有名。甘過ぎないので、いくらでも食べてしまいそうになる、危険なケーキ。元浦和レッズレディースでサン・セバスティアン フェミニーナに所属する後藤三知選手もインスタグラムにアップしていた。
LA VIÑA

▼サコナ コーヒー ロースターズ(グロス地区)
せっかくなので橋を渡ってスリオラビーチがある東側のグロス地区に足を伸ばしてみました。おいしいカフェ コン レチェが飲める貴重なカフェです(写真参照)。コーヒー豆も販売しています。
SAKONA COFFEE ROASTERS

●夕食

▼アタリ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
せっかくなので黒板に書いてあったソロミージョ(牛ほほ)、アロス ディア(本日の米料理)を注文。アロスはムール貝のリゾットでした。このリゾットはサン・セバスティアンで食べた中で個人的ナンバーワン。あと、カウンターにサングリアのピッチャーがさりげなく置いてあるのを見つけ、こちらもいただきました。
ATARI

▼カーサ ウローラ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
ホタテ、タコ、フォアグラを注文。カウンターにはピンチョスがあまり置かれていなかった。店主が忙しそうに働いているので、その様子をうかがいながら、タイミングを見計らって、黒板に書いてあるメニューを注文してみましょう。滞在中、2度訪問。
CASA UROLA

▼バル アイゼア(旧市街 パルテ ビエハ)
昔ながらのバル。おばさんが切り盛り。レアル・ソシエダのマフラーが誇らしげに掲げられていた。黒板のメニューにかわいい豚のイラストと文字が書かれていたので、これは何?と質問したら、足の部分を指差していた。たぶん豚足なのだろう。豚足はいやだなと思い、迷っていたところ、英語のメニューをくれたので、マッシュルームを注文。5分後にアツアツで出てきました。
BAR HAIZEA

●注意点
定休日に要注意。Webの情報はあてにならない。もし道を歩いていて、お目当てのお店が開いていたら、迷わず入ったほうがいい。翌日も開いているとは限らない。

アスレチック・ビルバオのチケットを買ってみた【2017秋】

san mames atletic club bilbao

あらかじめ準備しておくこと
1)クレジットカードを用意(暗証番号も必要になるかも)。
2)席種を決めておく。1階か2階か。メインスタンドかバックスタンドかゴール裏か。

▼こちらがクラブの公式サイト。右下のほうにTICKETSという文字が見える。そこをクリック。もし、英語以外の言語になっていたら分かりづらいので、ページの左上にある「EUSKARA(バスク語)、CASTELLANO(スペイン語)、FRANÇAIS(フランス語)、ENGLISH(英語)」のうち英語を選択しよう。
athletic bilbao ticekt

▼すると、右下に、赤い帯に白抜きの文字で「BUY ON LINE ANY MATCH ON SALE」と出ているので、そこをクリック。【重要】その文字の少し下のほうに、「Online ticket sale usually starts on Monday of the match week at 10:30 a.m. (except VIP area tickets),」という記載が出てくる場合がある。「オンラインチケットは、通常、試合のある週の月曜日10:30に販売しますよ~」という意味だ。私が最初にページを開いた時は試合の1カ月前で、高額のVIP席しか販売されていなかった。ちなみに、購入した時は日本との時差が7時間あったため、月曜日17:30(日本時間)から販売が開始となりました。ちなみに、グーグルの検索窓に「スペイン 時差」と入れると時差がすぐに出てくるので便利です。

▼説明が長くなりました。先ほどの「BUY ON LINE ANY MATCH ON SALE」をクリックすると、このページに飛びます。なぜかまたバスク語になってしまうので、EUSKERA(バスク語)からENGLISH(英語)に切り替えます。

▼次のページに進むと、チケット発売中の試合一覧ページになります。あまり早いタイミングだと高額のVIP席しか販売されていません。

▼仮にセヴィージャ戦を選択してみましょう。下がベンチに近いメインスタンド。上がバックスタンド。右上の2階がアウェーチームのサポーターのエリア。購入できる席があるブロックには赤か緑の色が付いています。しかし、ここで油断してはいけないのである! 例えば、メインスタンド中央最前列のブロック101をクリックすると・・・。

▼CAMPO(ピッチ)に近い座席は色が薄くなっている。つまり席が買えないのである!

▼仕方がないので真ん中の少し濃いエリアをクリックすると、2席しか空いておらず、しかも離れている。

▼試しに緑色の丸をクリックすると、価格が表示されます。この席は手数料込みで112.50ユーロ。約1万5000円です。ちなみにグーグルの検索窓で「112.50ユーロ」と入力すると、すぐに日本円が表示されるので便利です。グーグル、すごいですね。さらに、右下の「BUY」をクリックしてみると・・・。

▼名前とメールアドレスを入力する画面となり・・・。

▼クレジットカードの番号と有効期限とセキュリティーコード(カードの裏面にある数字の下3けた)を入力して・・・。

▼右下にある「ACCEPT」を押します。私の場合、その次に、カードの暗証番号を入れる画面が出てきたので、そこで入力したのですが、どうやら番号を間違えていたらしく、何度か失敗して、すごく焦りました。でも、気を取り直して、暗証番号を確認して、少し時間をおいた後に再度チャレンジしたら、うまく購入することができました。

▼その後は、指定したメールアドレスにチケットの画像が届くので、A4サイズでプリントアウトして、スタジアムに持参すれば、ゲートでバーコードを読み取って入場が可能です。くれぐれもチケットを忘れないように。

▼豆知識
現地では、「アトレティック・クルブ」と呼ばれています。あと、ペットボトルの持ち込みは禁止です。

それでは、よい旅を!

san mames atletic club bilbao

スペイン バスク州 ビルバオで食事をしてみた【2017秋】

el eme bilbao

el eme bilbao
今回の旅の拠点はビルバオ。

グッゲンハイム美術館があるインダウチュ地区はもちろん、旧市街のカスコビエホ地区にも足を伸ばしてみました。

ちょっと食べすぎたかな。オススメの7店舗を紹介します!

●朝食

▼エル エメ(エレメ)(インダウチュ地区)(また行きたい)
サンドイッチで有名なお店。1回目はオーソドックスなハムのサンドイッチのみがあり、2回目に行った時はアンチョビのサンドイッチも発見。外側のパンがしっとりしていて、食べごたえもあり、大変満足。
EL EME

●ランチ

▼リオハ(リオ-オハ)(旧市街 カスコ ビエホ)(また行きたい)
昼頃に訪問。先客は3、4人がカウンターにいるだけ。カウンターには煮込み料理が7、8種類並んでいました。その中から、バカラオ(たらの煮込み)とラボ(牛テールの煮込み)を選んでテーブルで待機。しばらくすると温めてくれた状態で出してくれました。ピンチョスばかりで飽きてきたら、汁ものが飲みたくなるので、そういった意味でもココはありがたいお店です。
RIO-OJA

▼メリジャ イ フェズ(旧市街 カスコ ビエホ)
名物はピンチョス モルノス(羊の串焼き)。店内の奥にある炭で焼いてくれます。パンに挟んで食べるとおいしい、はず。帰国してから、パンに挟んで食べればよかったと後悔しています。
MELILLA Y FEZ

▼バル ムギ(インダウチュ地区)(また行きたい)
ヒルダ(アンチョビ+オリーブの実+青とうがらし)などのピンチョスや、スリート(小さいグラスに入ったビール)、モスト(ぶどうのジュース)などを注文した後、あったかい料理が食べたくなり、店員さんに相談。すると、奥からシェフが登場。英語であれこれ相談した結果、ベルドゥラス(野菜)とモルシージャ(血のソーセージ)をブラサ(炭焼き)で出してもらいました。野菜に飢えていたので、うれしかった。モルシージャの滋味深さにも感動。アトレティックの試合日は激混みなので要注意。
BAR MUGI

●おやつ

▼ドン マヌエル(インダウチュ地区)(また行きたい)
美しいケーキや焼き菓子がずらりと並ぶ店内は必見。どれにしようか最低10分は迷います。パステル バスコ(バスクの焼き菓子)、ボジョ マンテキージャ(ビルバオ名物、バター入りのパン)などを購入。
DON MANUEL

●夕食

▼エル グロボ(インダウチュ地区)(また行きたい)
理由は分かりませんが、なぜかココは落ち着きます。カウンターに並ぶチャングロ(カニ)のピンチョスやトルティージャ(オムレツ)を食べつつ、締めは黒板に書いてあったFoie フォア(フォアグラ)で。滞在中、2度訪問しました。
EL GLOBO

▼ラ ビーニャ デル エンサンチェ(インダウチュ地区)(また行きたい)
ホセリート(生ハム)で有名なお店。生ハムにあまみがあり、舌の上でとろけます。うわさどおり抜群のうまさでした。タパ ウエボ イ フォア(フォアグラと卵)もとろりとしていて味わい深く、やみつきになる。
LA VINA DEL ENSANCHE

開封の儀 Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)Lawnship インディゴブルー

白いスニーカーが好きでよく履いています。

できることなら毎日同じ靴を履きたいぐらいです。

でも、白いボトムスを履くときに、スニーカーまで白いとバランスがよろしくない。

そこで、探してみました。白いボトムスに合うスニーカーはないか?

すると、ありました。

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)Lawnshipです。

色はインディゴブルーにしてみました。

私にとってLawnshipは、初代ホワイト、2代目ホワイト(Lawnship2.0というタイプ)に次ぐ3代目です。

▼いつものように大きな紙袋に入れてくれました。

▼中から黒い箱が出てきて。

▼サイズは28.0をセレクト。今履いているLawnship2.0とは少し形が違うようなので、購入する前に履いて確認した方がいいですよ。

▼ふたを開けると。

▼鮮やかなインディゴブルーが見えて。

▼横から見るとこんな感じ。ロゴが小さく入っているだけのシンプルなデザインです。

▼前から見てもシンプルで。

▼上から見てもシンプルで。

▼裏や後ろから見てもシンプル。

▼ひもをきれいに通し直して、さらに最近雨の日が多いので、防水スプレーをかけて準備が整いました。

まとめ

スニーカーは、ホワイトとネイビーのシンプルなものを2つ持っておけば、どんな洋服にもだいたい合うので、何かと便利です。

▼Amazonでも購入できます。

▼梅雨の季節には防水スプレーも欠かせませんね。

カズがいなければ、今の自分はなかった。

カズが50歳、ということで、身の回りにあるカズグッズを引っ張りだしてきました。

読売クラブ時代のサイン。等々力の売店でゲット。

1992年、ユヴェントスー日本代表。今では考えられない組み合わせ。

みんな若くてかっこいい。三浦知良、読売日本サッカークラブ。

日本へのワールドカップ誘致が始まった頃だったのか。

1993年、ワールドカップアジア一次予選。

三浦知良、ヴェルディ川崎。清雲さんが42歳って今の自分より若いのか。

日本代表のユニフォームがプーマでした。

1995年、カズの試合が見たくてイタリア・ジェノヴァへ。

ジェノアーブレッシャ。スタディオ・ルイージ・フェラーリスにて観戦。

日本人で初めてセリエAでプレーした男。当時のセリエAはWOWOWで放送してたんだよな。

大学生だった私は、現地で見ないと絶対に後悔すると思い、一人でジェノヴァに行ったのでした。

【開封の儀】Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)LAWNSHIP 2.0 もうこれしか履かない

結論から言うと、白スニーカーは、もうコレしか履きません。

今まで愛用してきた「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)LAWNSHIP(ローンシップ)」がだいぶくたびれてきたので、近所のストアに行ってきました。お目当てはもちろん前回同様LAWNSHIPです。

下の写真が、くたびれた初代LAWNSHIPです。味が出すぎて、白い革がくすんできたので、一度クリームを塗りましたが、もう限界です。


“【開封の儀】Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)LAWNSHIP 2.0 もうこれしか履かない” の続きを読む