辻堂海浜公園ジャンボプール 2020年の営業中止が決定

辻堂海浜公園ジャンボプール

辻堂海浜公園のジャンボプールには毎年夏になるとたくさんの家族連れで賑わいます。

ジャンボプールの開業期間や特徴についてまとめてみました。

ジャンボプールに行きたいと考えている人はぜひご覧ください。

開業期間と特徴

辻堂海浜公園ジャンボプール

開業期間

辻堂海浜公園ジャンボプールの開業期間は、2020年7月11日(土)〜9月13日(日)を予定。期間中は無休。営業時間は9時~18時。入場は17時まで。荒天時または水温が22度未満の場合は営業を中止する場合があるそうです。

2020年6月11日追記:辻堂海浜公園はFacebookページで、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、今年のジャンボプールの営業を中止にしたことを発表しました。

特徴

1周270mの「流れるプール」、時間になると波が押し寄せる「波の出るプール」、10mの高さから滑る「ウォータースライダー」、深さ20~40cmの「幼児プール」、短いスライダー「アクアスライダー」、小さなお子様でも安心して遊べる「くじらの海」と、計6つのプールがあります。

アクセス方法

バスで行く

JR「辻堂」駅南口からバスを利用。「湘洋中学経由鵠沼車庫前」行き、「辻堂海浜公園前」下車、または「高砂・辻堂西海岸経由辻堂団地」行き、「辻堂海浜公園入口」下車。駅から約10分程度。

詳細はこちらをご覧ください。
辻堂海浜公園へのアクセスはバスが便利 | 海辺ぐらし

車で行って駐車場に停める

プールに近い東駐車場(499台)と交通展示館に近い西駐車場(301台)の2カ所。プール営業期間中は、普通車の駐車料金の上限設定がないので注意が必要です。

詳細はこちらをご覧ください。
辻堂海浜公園へのアクセス…駐車場は西と東の2カ所 | 海辺ぐらし

利用料金

辻堂海浜公園ジャンボプール

おとなは850円

おとな(高校生以上)は850円で、15時30分以降に入場すると520円。中人(中学生)は520円、子ども(小学生以下)は210円です。

小学2年生以下は付き添い(高校生相当以上)が必要。安全のため付き添い1名につき小学2年生以下2名まで。

コインロッカーは小100円、大200円です。返金なし。

回数券

回数券は大人入場券7枚綴りが5,100円、中人入場券7枚綴りが3,120円、子ども入場券7枚綴りが1,260円です。

気を付けたいこと

辻堂海浜公園ジャンボプール

注意点

  • オムツのとれていない子どもは「くじらの海」と「滝のプール」のみ入れる (プール用オムツ要着用)
  • 喫煙所はプールサイド内に1カ所、幼児プール東側の建物の屋上
  • 水の中で使えるのはメーカー表記120cm未満の大きさの浮具のみ

禁止事項

  • 刺青、タトゥーの露出。ラッシュガードやテーピングで見えないする
  • 駐車場満車時の道路での駐車待ち
  • ビン、缶類やアルコールの持ち込み
  • ウオータースライダーは小学2年生以上および身長120cm以上の方が利用可。それ未満の子どもは保護者がついていても利用不可
  • アクセサリーなど金具類がついた水着
  • 浮き具の使用
  • メガネ、サングラス、ガラス製水中メガネを身に着けての入水
  • 時計、アクセサリーを身につけての入水
  • 傘・パラソルや簡易テントの持ち込み
  • 再入場

海で遊びたい人はこちらも
辻堂海水浴場の駐車場と海の家のまとめ | 海辺ぐらし

サッカーやフットサルをしたい人はこちらも
辻堂海浜公園多目的グラウンド(人工芝)リニューアルオープン | 海辺ぐらし

辻堂海浜公園ジャンボプール
タイトルとURLをコピーしました