「九十九(つくも)」のビーチサンダルで辻堂の夏を過ごす

九十九 ビーチサンダル 湘南生活
スポンサーリンク

真夏に靴は履きたくない。

ずっと裸足で過ごしたい。

新しいビーチサンダルを購入しました。

スポンサーリンク

色はバーガンディーにしてみました

ビーサンについてたタグをよーく見たら「バーガンディー」と書いてあります。

そもそもバーガンディーって何だっけ?

Googleで検索して調べてみたところ「バーガンディー(Burgundy)」とは「ブルゴーニュ」の英語名だそうです。

「ブルゴーニュ産の赤ワイン」や「深い赤色」を意味するとのこと。へー、知らなかった。

「九十九(つくも)」は神戸発祥日本製のビーチサンダル

湘南T-SITEの蔦屋書店で本を見ていたら、ある一角に色とりどりのビーチサンダルが山積みになっていました。

ちょうど履いていた水色のビーチサンダルがかなり古くなっていたので、新しいものを買ってみようと思い立ったわけです。

「九十九(つくも)」という神戸発祥日本製のビーチサンダルで、1000円ぴったしでした。

水色から、バーガンディーへ。新たな気持ちで、夏が始まりました。

コメント