Suica(スイカ)でオートチャージ。クレジットカードの設定方法

京葉線 電車移動・駅
スポンサーリンク

電車で移動する時にSuica(スイカ)は欠かせません。

オートチャージの設定をしていれば、自動改札機にタッチするだけでSuicaへの入金ができます。

オートチャージの設定方法を知りたい方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Suica(スイカ)でオートチャージ。クレジットカードの設定方法

「オートチャージ」とは自動改札機にタッチするだけでSuicaへの入金(チャージ)ができる便利なサービスです。

Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入出場時に自動的に設定金額が入金(チャージ)されるので、残額不足の心配がなくなります。

オートチャージができるカードは?

それではオートチャージができるカードにはどんなものがあるのでしょうか? 一つずつ見ていきましょう。

1)Suica機能付きビューカード

ビューカード、つまりクレジットカードです。

駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でオートチャージの設定ができます。

ちなみにカードを申し込んだ時にオートチャージの利用を希望した人は、初期値としてチャージ残額が「1,000円」以下になると、「3,000円」がチャージされる設定になっています。

駅のATM「VIEW ALTTE」で上記の「1,000円」や「3,000円」の金額を変更することができます。

2)Suica定期券やMy Suica

クレジットカードの機能がない、普通のSuicaです。

駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でオートチャージの申込みや設定ができます。

その際、Suica(Suica定期券やMy Suica)と決済用のビューカードも必要になるので、持っていくのを忘れずに。

3)モバイルSuica

モバイルSuicaとは、「おサイフケータイ」対応のスマホでSuicaの機能を搭載したアプリです。

モバイルSuicaの携帯電話画面でオートチャージの申し込みや設定金額の変更・停止ができます。

わざわざ駅に行く必要はありません。便利ですね。

Suicaのオートチャージは関西・西日本ではできない

残念ながら関西・西日本ではSuicaのオートチャージはできません。

なぜならSuicaはJR東日本が発行するICカードだから。

オートチャージの利用可能なエリアは以下のとおりです。

  • 首都圏のSuicaエリア
  • 仙台・新潟エリアのSuicaエリア
  • 首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリア

オートチャージができない原因、何が考えられる?

オートチャージをしたくてもできない時は、以下のいずれかに該当していないか確認してみては?

意外と基本的なことができていない場合があります。

  • オートチャージされないコンビニなどの機器にタッチした
  • オートチャージの利用申し込みをまだしていない
  • チャージがそこそこ残っている
  • オートチャージの1日の上限金額20,000円を超えている
  • ビューカードの利用可能額が不足している

オートチャージを解除・停止する方法

何らかの理由でオートチャージを解除・停止する場合は、駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で手続きをします。

まとめ

電車で移動する時にSuica(スイカ)は欠かせません。

オートチャージの設定をしていれば、自動改札機にタッチするだけでSuicaへの入金ができます。

今のうちにオートチャージを設定しておきましょう。

電車移動・駅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし