オニツカタイガーローンシップ2.0白 新旧モデルの違いを比較した

オニツカタイガー ローンシップ 生活
スポンサーリンク

オニツカタイガー ローンシップが好きで、旧モデルと新モデル2.0を履いてみました。

この記事では旧モデルと新モデル2.0の特長や違いを紹介します。

ローンシップの購入を検討している人は必見です。

スポンサーリンク

まずは「オニツカタイガーローンシップ 白 旧モデル」から

結論から言うと、白スニーカーは、ローンシップしか履きません。

ローンシップ旧モデルの特長をご紹介します。

履きつぶした旧モデル

下の写真が、履きつぶしてくたびれたローンシップ旧モデルです。

最初の頃は真っ白できれいだったのですが、毎日履いていたら味が出すぎて、白い革がくすんできました。

何度かクリームを塗りましたが、もう限界です。

旧モデルにはゴールドの印字がある

旧モデルのアッパーの横には、オニツカタイガーのロゴがゴールドで印字されています。

アクセントとして小さく入っていて、おしゃれです。

上の写真だと見にくいですが、こちらの写真だと見やすいかもしれないです。

旧モデルにはハトメ(紐を通す穴の金具)がある

旧モデルには白いハトメがついています。

ハトメとは靴紐を通す穴の金具のことです。

ハトメがないよりもあったほうがしっかり作られている印象を受けますね。

旧モデルのかかと上部はエナメル素材

アッパーはすべて革なのですが、かかとの上部だけエナメル素材になっています。

素材が違うので、かかとの上部だけ少しキラキラしているのが特長です。

決して目立つデザインではないのですが、こういうところにこだわりを感じます。

今でこそこんなにくすんでしまいましたが、最初は真っ白で、オニツカタイガー ローンシップはシンプルで柔らかい履き心地 という記事を過去に書いていました。

続いて、「オニツカタイガーローンシップ 2.0 白」をご紹介

今まで愛用してきた旧モデルがだいぶくたびれてきたので、近所のストアに行ってきました。

お目当てはもちろん前回同様ローンシップです。

ストアに着いて「いま履いているのと同じのが欲しいです」と定員さんに伝えたところ「新しくなったローンシップが3日前に入荷しました」とのこと。

新モデル2.0は旧モデルよりも幅が広いらしい

定員さんの説明によると、新モデル2.0は旧モデルよりも少し幅が広くなったそうです。

足の幅が広くて靴選びに困っている人には朗報ですね。

試しに履いてみて全く問題がなかったので新モデル2.0を即買いしました。

▼大きな紙袋に入れてくれました。

▼中からブラックの箱が出てきました。

▼サイズは27.5センチにしました。USサイズで9 1/2、EURサイズで43.5です。

新モデル2.0は旧モデルよりもさらにシンプルなデザインに

旧モデルだとオニツカタイガーのロゴがアッパーの外側にゴールドで印字されていました。

しかし、新モデル2.0では白い型押しに変更されています。

以前よりも要素を削ぎ落として、よりシンプルなデザインを採用したというわけです。

下の写真を見ても分かるように、新モデル2.0にはハトメもありません。

ソールのゴムが違う

新モデル2.0を実際に履いてみて気付いたのですが、旧モデルと新モデル2.0ではソールのゴムの種類が明らかに違います。

こればっかりは新モデル2.0を履き続けてみないとどちらがいいのか分かりませんね。

追記:2.0を履き続けましたが、違和感は全くありません。旧モデルと新モデル2.0、どちらでもOKです!

最後に旧モデルと新モデル2.0を並べて比較

旧モデルと新モデル2.0を並べてみました。

こうやって見ると、旧モデルは履き過ぎて横に広がっています。。。

定員さんによると、新モデル2.0のほうが幅が広いそうです。

まとめますね。

  • さりげないデザインやこだわりをスニーカーに求める人は、旧モデル。
  • よりシンプルなデザインをスニーカーに求める人は、新モデル2.0。

どちらを選んだとしても、白いスニーカーを履くと気持ちいいですね!

明日から新しいスニーカーにしてみませんか?

こちらが旧モデル。

こちらが新モデル2.0。

コメント

タイトルとURLをコピーしました