イタリア語でステーキ、雄牛の肉、子牛の肉、豚肉、鶏肉は何と言う?

トリッパ
スポンサーリンク

イタリアに行くと、パスタやピッツァ、パニーニなどをついつい食べてしまいます。

でも、そればかりだと炭水化物の連続になってしまい、途中で飽きてきます。食事に行ったら迷わず肉料理を注文してみましょう。

イタリアで肉料理を食べる時に絶対に覚えておきたい6つの単語を紹介します。

スポンサーリンク

イタリア語でcarne(カルネ)は肉、bistecca(ビステッカ)はステーキ

メニューの中にはこの単語が書かれているはず。地域ごとに名物料理が異なるので、周りの人が食べているものを見ながら、おいしそうな料理を注文してみましょう。

フィレンツェに行ったら名物のステーキを食べましょう。bistecca alla fiorentina(ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ)はフィレンツェ風ステーキです。

manzo(マンツォ)は雄牛の肉、vitello(ヴィテッロ)は子牛の肉

牛肉です。filetto di manzo(フィレット・ディ・マンツォ)は牛ヒレ肉。

子牛の肉はイタリアやフランスで一般的です。scaloppa di vitello(スカロッパ・ディ・ヴィテッロ)は子牛の薄切り肉です。

maiale(マイアーレ)は豚肉、pollo(ポッロ)は鶏肉

もちろんイタリアでは豚肉や鶏肉も一般的です。

牛肉に飽きたら豚肉や鶏肉を使った料理を注文してみましょう。

最後に

「お勘定をお願いします」は、Il conto, per favore(イル・コント・ペルファヴォーレ)です。ここまで覚えておけば、どうにかなるはず!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし

コメント