糖質ダイエットのランチは中華料理屋に行け

スポンサーリンク

糖質を控えてダイエットをするには食事の内容に気を使わなければいけません。

特に外食派の人は慎重にお店やメニューを選んだほうがいいでしょう。

おすすめは中華料理屋です。そこで注文方法を工夫するのです。

スポンサーリンク

糖質ダイエットの鉄板メニューは野菜炒め系

外食派の人におすすめしたい糖質ダイエットの鉄板メニューは、ずばり「野菜炒め系のおかず単品注文」です。野菜炒め「系」なので、レバニラ炒めみたいなものでもOKです。ランチタイムには中華料理屋に行っておかずだけ注文して、もちろんご飯や麺類は食べません。

糖質ダイエットをするならコンビニには近寄らない

おなかがすくとコンビニについつい引き寄せられてしまいます。でも、そこにはパンやおにぎりなど糖質たっぷりの食べ物がずらりと並んでいます。どうしても誘惑に負けてしまうため、コンビニにはなるべく近寄らないことをおすすめします。

朝食は「フルグラ」と牛乳

朝はいつも慌ただしくて、料理をする時間もないはずです。そんな人は「フルグラ」と牛乳でOK。ランチタイムに糖質を我慢する分、朝食は甘いものを食べてもよしとします。ヨーロッパの人たちはだいたい朝にクッキーのような甘いものを食べて、エスプレッソかカフェラテを飲んでいます。

糖質ダイエットのデメリットは費用面

普段の食事から米やうどん、パスタなどの炭水化物を抜こうとすると、野菜や肉を中心に食べることになり、食費が増えてしまいます。ただ、不健康になって病院に通うよりもずっと安上がりです。健康のためなら少し食費が増えてもしょうがないと考えましょう。

糖質ダイエットのメリットは午後に眠くならないこと

ランチタイムにご飯や麺類をがっつり食べると、食後に眠くなって仕事の効率が落ちてしまいます。でも、糖質控えめのメニューを選んで食後にコーヒーを一杯飲むと全然眠くなりません。

おやつを食べるなら「SOY JOY」かミックスナッツ

糖質ダイエットをしているとたまにおやつを食べたくなる衝動に駆られます。そういう場合は「SOY JOY」かミックスナッツで我慢しましょう。糖質もかなり抑えめなのでおすすめです。

まとめ

糖質ダイエットをしている人で、外食が多い人は、ランチタイムに中華料理屋で野菜炒め系を単品で注文しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし

コメント