EOS Kiss Mに合う予備バッテリー【編集者のおすすめ】

EOS Kiss M バッテリー

CanonのEOS Kiss Mに合う予備のバッテリーを探しているけど、どれにすればいいか分からない方のために、編集者がおすすめのバッテリーを紹介します。

純正のバッテリーもいいですが、互換バッテリーのコスパもなかなか侮れません。

EOS Kiss Mと一緒にあると安心なもの4選

EOS Kiss M本体だけでももちろん問題はないのですが、以下の4つを持っていると何かと安心です。優先順位が高い順に並べてみました。

  1. SDカード……これがないとデータを保存できない
  2. 予備のバッテリー…ミラーレスカメラは消耗が早い
  3. カメラケース……ボディやレンズを傷つけないように
  4. レンズフード……レンズを傷つけないように

今回は「予備のバッテリー」について解説していきます。

予備のバッテリーが必要だと痛感

EOS Kiss M バッテリー

イベントの撮影中、まさかの充電切れ

最初は予備のバッテリーなんていらないと思っていました。

ところが、イベントを撮影している途中でバッテリーの充電が切れてしまい、最初に入っているバッテリーだけだと足りないことを痛感しました。

なので、充電がいきなり切れて慌てないように、予備のバッテリーを早めに購入することをおすすめします。

バッテリー2個の他に充電器も付いている

早速、予備のバッテリーをネットで探してみました。Canon純正のバッテリーの他に、純正じゃないバッテリーが見つかりました。NewmowaのLP-E12互換バッテリーです。LP-E12というのは、Canon純正バッテリーの品番です。

バッテリー2個の他に充電器も付いています。これなら自宅には純正の充電器を置いておいて、外出先にもう一つの充電器を持ち歩くことができて便利です。

バッテリーパック Newmowa LP-E12 互換バッテリー2個+充電器

半年使ってみた感想

EOS Kiss M バッテリー

予備のバッテリーを2つ持っている安心感が半端ない

予備バッテリーを2つ持つようになって、外出先で充電が切れたらどうしよう…という不安がなくなりました。

もし充電が切れても予備のバッテリーがあるから大丈夫です。最初からバッテリーの残量を気にすることなく写真をたくさん撮ることができます。

写真を撮る時にバッテリーの残量は気にしたくないですよね。

ミラーレスカメラは充電の消耗が早い

Canon EOS Kiss Mを使ってみて気づいたのですが、ミラーレスカメラは充電の消耗がすごく早いんですね。

プロのカメラマンに予備のバッテリーを持っているのか聞いてみたら、やはり予備のバッテリーは欠かせないそうです。そりゃそうですよね、仕事で撮影していて、「バッテリーの充電が切れたから写真を撮れませんでした」って言い訳はできないですからね。

バッテリーを選ぶ際のポイント

EOS Kiss M バッテリー

選択肢は2つ。純正か、純正じゃないほうか

バッテリーは純正じゃないと不安、という方は、「Canon バッテリーパック LP-E12」を選ぶことになります(写真右)。ただし、この純正バッテリーはなかなかのお値段です。

【純正】Canon バッテリーパック LP-E12

お手頃価格のバッテリーがおすすめ

でも、NewmowaのLP-E12互換バッテリー(写真左)は、そもそもバッテリーの数が2つで、充電器も付いていて、お手頃価格です。カメラの使用頻度がそれほど多くない人は、純正じゃないほうのNewmowaのバッテリーでもいいかと思います。私も使っています。

バッテリーパック Newmowa LP-E12 互換バッテリー2個+充電器

大事な場面で電池が消耗して困らないように、今のうちに予備のバッテリーを確保しましょう。

関連記事:EOS Kiss Mに合う純正レンズフード【編集者がおすすめ】 | 海辺ぐらし

関連記事:EOS Kiss Mに合う持ち運びケース【編集者のおすすめ】 | 海辺ぐらし

関連記事:EOS Kiss Mに合うSDカード【編集者のおすすめ】 | 海辺ぐらし

タイトルとURLをコピーしました