業務委託で働く時は契約書をもとに交渉しよう

編集者の仕事
スポンサーリンク

「業務委託」で仕事をお願いできないでしょうか? という依頼を受けた時は、その内容を慎重に確認することが必要です。

仕事を受ける側にとって不利な働き方になる場合があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

業務委託契約は、業務を行う際に裁量がある働き方

企業から業務の依頼を受け、その業務を行うことで報酬を得るものとして、「請負」「委任(準委任)」「雇用」の3種類が民法で規定されています。

いわゆる業務委託契約は「請負」と「委任(準委任)」の2種類を総称するもの。

請負」とは、成果物を完成させて報酬を受けることです。委任(準委任)とは、成果物を完成させる責任を負わずに報酬を受けることです。

編集プロダクションがメディア関連企業から仕事の依頼を受けて、原稿や記事、本を完成させて報酬を受ける場合は「請負」にあたります。

業務委託契約を結ぶ時の注意点

業務委託には、残業代や社会保険という概念がない

いわゆる業務委託契約は、雇用契約に基づく労働者とは異なり、労働法が適用されません。

そのため、残業代や社会保険はありません。

実態として労働者とみなされる働き方になっていないか注意が必要です。

こんな働き方は業務委託とはいえない

  • 仕事の依頼を受ける時、断ることができない
  • 業務を行う上で細かい指示を受ける
  • 勤務場所や勤務時間の指定や管理を受ける
  • 代替性がない。本人に代わって他の人が業務をできない。
  • 報酬が時間給を基礎として計算される

このいずれかに当てはまると、いわゆる業務委託契約ではなく、雇用契約に基づく労働者とみなされ、労働法が適用されます。

そういう意味でも、あらかじめ業務委託契約書に基づいて仕事を始めたほうがいいでしょう。

まとめ

「業務委託」で仕事をお願いできないでしょうか? という依頼を受けた時は、その内容を慎重に確認することが必要です。

仕事を受ける側にとって不利な働き方にならないように気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました