アマゾンが始める仲間卸というサービスとは?

2月7日、毎日新聞が「アマゾンが小規模な書店に「仲間卸」 事実上の「取り次ぎ」業務開始へ」というニュースを配信した。

アマゾンが始める仲間卸というサービスとは?

その記事によると、「仲間卸」とは、全国の書店からの注文に応じて、アマゾンが本を卸すサービス。地方の小規模な書店に売れ筋の本を卸すという。

従来は、地方の小規模な書店に売れ筋の商品が流通されないケースが多かったが、アマゾンは地方に住む消費者のニーズに幅広く応える。

現在は、出版社が取次店に卸し、取次店が書店に卸す流通方式が一般的だ。

流通方式はどのように変わるのか?

取引条件や返品の可否などの詳細は不明だが、「仲間卸」は地方の小規模な書店や地方に住む消費者にとってはメリットを感じられるサービスになりそうだ。

従来の流通

消費者ー書店ー取次店ー出版社

アマゾンが始める「仲間卸」

消費者ー書店ーAmazonー出版社
※地方の小規模な書店にも売れ筋の本を卸す。

プロフィール

編集者・プロデューサー。主な出版物は『SHONAN BOOK』『MITO HOLLY BOOK』。株式会社アトランテ代表

詳しいプロフィール >

オオニシをフォローする
編集・出版
スポンサーリンク
オオニシをフォローする
海辺ぐらし
タイトルとURLをコピーしました