文章の書き方が分かる本『いますぐ書け、の文章法』

編集者の仕事
スポンサーリンク

文章の書き方が分からず困っている人は多いと思います。

『いますぐ書け、の文章法』の中にヒントがありそうです。

Amazonの内容紹介には次のように書かれています。

文章はほめられたいから書くのか? 人気コラムを連載し続けてきた著者が、プロとアマの文章の違いを語り、書けずにいる人の背中を強く押す、実践的文章法。

Amazon

文章を書きたいのに書けずにいる人はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

文章の書き方が分かる本『いますぐ書け、の文章法』

読む人のことを考えて

文章を書くときに、読む人のことをいつも考えて、書く。
本当にそこさえ押さえておけば、あと気にするのは細かいことだけだ。
もう一度、言う。
「読んでいる人のことをいつも考えて書けばいい」

つっかかりがなく読めるように

読んでる人のことを考えるというのは、自分とは知識の違う他人が読んでも、つっかかりがなく読める文章を用意する、ということである。

あなたが持ってる言葉で書く

あなたは、あなたがいま持ってる言葉で書けばいい。
それが言いたい。少なくとも、この新書を読める程度の日本語力があるなら、それで十分なのだ。とりあえず、国語力を上げる必要はない。時間の無駄だ。とりあえず書き始めよう、という提言である。

「人を変えるもの」を意識する

人を変えるものを書く、にはどうすればいいのか。
これは要するに心構えの問題である。
いつも「人を変えるもの」を意識して生きているしかない。

体験した驚きを追体験してもらう

だいたいの場合は、書く人自身が体験した軽い驚きがまずあって、それを読んだ人にも追体験してもらいたい、という意志で貫かれていれば、何とかなるもんです。

『いますぐ書け、の文章法』を読んで感じたこと

読者は抱いている感情

文章をなかなか書けない原因を深く掘り下げていくと、読む人の気持ちをきちんと考えていないということに行き着く。

読む人の気持ち、感情、思い、喜怒哀楽をとことん考えれば、文章は書きやすくなります。

簡単な言葉で書く

文章を書く時に、小難しい言葉を使う必要はありません。簡単な言葉でいいので、読む人がすらすらと読める言葉を選んで文章にしていきます。

悩みを解決する

自分の書いた文章を、誰かがなにかのきっかけで読んで、その人の悩みを解決したり、素朴な疑問に答えたり、気分が晴れやかになってもらえるといいですよね。

日常生活の驚き

日常生活を送っていて、なんにも起こらない日はそうそうありません。一日の中で何らかの驚きを体験しているはずです。

驚いた時の感情や気持ちをもう一度思い出して、言葉にしていけば、文章をなかなか書けない原因は解決するはずです。

文章を書けずにいる人は、これを読んで前進しよう!

編集者の仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし