「教示する」と「教授する」意味の違いと使い方を調べてみた

教示、教授 編集の仕事
スポンサーリンク

仕事のメールで、「教示する」と「教授する」、あるいは「ご教示」と「ご教授」という言葉をよく見かけます。

「ご教示いただけますか?」とか「ご教授ください」とか。目上の相手に何かを教えてほしいときは、どちらを使えばいいのでしょうか?

そこで、調べてみました。

スポンサーリンク

「教示する」と「教授する」意味の違いと使い方を調べてみた

まずは、「教示する」の意味は、「言葉のとおり、教えて、示すこと」

続いて、「教授する」の意味は、「専門の学問・技能を教えること」

「教示する」と「教授する」、それぞれの違いは?

つまり、「教示する」と「教授する」は、どちらも「教える」という意味合いで使われるんですね。

よーく考えれば「教」という漢字を使うので、当たり前といえば当たり前です。

どちらかというと、「教授」のほうは、より専門的な難しいことを教えてもらうときに使えばOK、と覚えておきましょう。

まとめ 使い方

ただ、「ご教示」も「ご教授」もメールで使うと何だか堅苦しい。

「ご教示いただけますか?」とか「ご教授ください」とかじゃなくて、「教えていただけますか?」でいいんじゃないでしょうか?

編集の仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし

コメント