校正と校閲の違いを理解して文章を直す方法

校正と校閲 編集の仕事
スポンサーリンク

文章を書く上で欠かせない作業が校正・校閲です。
制作段階で読者の立場に立ち、間違いやおかしな箇所を見つけ、正しい言葉に置き換えましょう。
ここでは校正と校閲の違いを理解します。

スポンサーリンク

校正とは……

原稿や資料とつき合わせて、文字の誤りを正すこと

本やWebの記事を作る途中段階で、文章や情報に誤りがないか、原稿や資料とつき合わせて確認します。執筆者はもちろんのこと、編集者や校正者がすべての文字に目を通します。

サッカーメディアでよくある間違い

名前、プロフィール、顔写真などはちゃんと校正しておけば間違えないはずなのですが、締切間近になると校正が疎かになり、間違いを見落としてしまうことがあります。最後まで気を緩めずに資料とつき合わることが大事です。特に名前や顔写真の間違いは恥ずかしいですし、相手に対して失礼にあたります。

校閲とは……

原稿の誤りや不備な点を調べて、加筆訂正すること

文章を通じて読者にメッセージを伝える上で、足りない情報を加えたり、修正したりする作業も欠かせません。校正がどちらかというと事実関係の確認であることに対し、校閲は分かりやすさや表現方法を追求するための作業となります。

複数人で原稿や記事をチェック

一人だけで確認しようとしても限界があります。間違いに気づかず印刷したら後戻りはできません。複数人で校正と校閲を行うことが必要です。

まとめ

校正・校閲は疎かにしてはいけません。読者が読むことを想定して、時間をかけて間違いやおかしな箇所を見つけ、正しい言葉に置き換えることが大事です。手間はかかりますが、避けては通れません。

編集の仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし

コメント