法人の印鑑証明書は登記所(法務局など)、郵送、オンラインで取得可

会社設立
スポンサーリンク

法人の印鑑証明書はどこで取得できるのでしょうか?

個人の場合とは異なり、登記所(法務局など)、郵送、オンラインで取得できます。

取得する方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

法人の印鑑証明書は登記所(法務局など)、郵送、オンラインで取得可

印鑑証明書を取得する方法として一番分かりやすいのは、登記所(法務局など)で申請する方法です。

そもそも登記所とは、「法務局」、「地方法務局」、「支局」、「出張所」のことです。

分かりづらいので「登記所=法務局と覚えておけば問題ないでしょう。

登記所(法務局など)で印鑑証明書を取得する

証明書発行請求機が設置されて「いる」場合は【便利】

証明書発行請求機を操作することにより、申請書を作成することができます。

その場合には申請書に手書きで一つひとつ記載するは必要はありません。

法人の印鑑カードを機械に入れて、いくつかボタンを押せば、申請書が出てきます。

所定の手数料額に相当する収入印紙(登記印紙も使用可能)を貼付して、窓口に提出すれば、印鑑証明書がもらえます。とても便利です。

収入印紙は法務局の中で購入できます。

代理人によって請求することもできます。ただし、印鑑カードは必要です。

証明書発行請求機が設置されて「いない」場合は【面倒】

残念ながら証明書発行請求機が設置されて「いない」場合は、申請書に以下の情報を手書きで記載する必要があります。やや面倒です。

所定の手数料額に相当する収入印紙(登記印紙も使用可能)を貼付して、印鑑カードを添えて登記所の窓口に提出します。

収入印紙は法務局の中で購入できます。

記載内容

  • 会社の商号・本店(法人の名称・事務所)
  • 印鑑提出者の資格・氏名・出生年月日
  • 印鑑カード番号

代理人によって請求することもできます。ただし、印鑑カードは必要です。

取得には「印鑑カード」が必要

印鑑証明書の交付を請求するには、事前に「印鑑カード」の交付を受ける必要があります。

「印鑑カード」の交付請求は、所定の申請書に所要事項を記載し、登記所に提出している印鑑を押印して登記所の窓口に提出します。

代理人によって申請する時は委任状の添付が必要になります。

各申請書は登記所窓口や法務局ホームページから取得することができます。

手数料は450円

書面請求の場合、手数料は450円です。

ちなみに、オンライン請求・送付の場合は410円、オンライン請求・窓口交付の場合は390円です。

郵送でも印鑑証明書を取得できる

詳しくはこちら。郵送による登記事項証明書,印鑑証明書等の送付の請求について

オンラインでも印鑑証明書を取得できる

詳しくはこちら。法務省:オンラインによる登記事項証明書及び印鑑証明書の交付請求について(商業・法人関係)

コンビニでは取得できない

残念ながら法人の印鑑証明書はコンビニでは取得できません。

まとめ

法人の印鑑証明書は登記所(法務局など)、郵送、オンラインで取得できます。

証明書発行請求機が設置されている法務局が一番便利なのでおすすめです。

会社設立
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし