「.jp」の独自ドメインをさくらインターネットで取得して7年になった

Webサービス
スポンサーリンク

個人のブログを始めたら独自ドメインにしたくなりますよね。

独自ドメインをさくらインターネットで取得して、ブログで使用し始めて7年がたちました。

独自ドメインの取得方法をまとめました。これからドメインを取得したい人はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「.jp」の独自ドメインをさくらインターネットで取得して7年になった

まずはさくらインターネットのサイトにアクセスします。

希望のドメインを入力して、そもそも取得できるかどうかを確かめます。

取得したドメインやURLは、名刺やツイッターのプロフィールに入れることになるので、「短くて」「分かりやすい」単語がおすすめです。

ただ、そういう「短くて」「分かりやすい」単語はすでに取得されていたりするんですよね。

なので、いくつか検索して確かめて、なるべくしっくり来るドメインを取得しましょう。

ちなみに、アルファベットの大文字、小文字の区別はありません。すべて小文字で表記するのが一般的です。名刺に記載した時に一部を大文字にしても大丈夫です。

「.com」と「.jp」、独自ドメインのおすすめはどっち?

ドメインを選ぶ時に「.com」と「.jp」のどちらにするか迷うかもしれません。「.net」や「.info」も気になる人もいるでしょう。

「.com」は「gTLDドメイン」の一つで、取得について制限はないため、海外に住所がある個人や法人が取得しています。

一方、料金が高くなってもいいという人は「.jp」を選んでもいいと思います。当ブログも「.jp」にしました。

「.jp」は「汎用JPドメイン」といい、日本国内に住所がある個人、法人が取得できるドメインなので、安心感がありますよね。

ちなみに、さくらインターネットだと料金は以下のとおりです。
「.com」が年1,852円(税込)
「.jp」が年3,909円(税込)

節約したい人は「.com」、安心感を与えたい人は「.jp」がおすすめです。

プロフィール

長く読まれる本づくりを心がけています / サッカー / イタリア / スペイン / サッカーファンのためのスペイン語教室 / 株式会社アトランテ

▼アトランテの本
『SHONAN BOOK』
『北川航也MEMORIES』
『水戸ホーリーブック』

オオニシをフォローする
Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
オオニシをフォローする
スポンサーリンク
海辺ぐらし