湘南ライナーのメリットとデメリット

湘南ライナーはとても快適な電車です。

でも乗るペースは月に1度あるかないか。

なぜ毎日乗らないのか?

湘南ライナーの上りに限定してメリットとデメリットを考えてみました。

湘南ライナーのメリット

1)確実に座れる

限られた枚数しかライナー券が発売されないため確実に座れます。疲労がたまっていて長時間立ち続けるのがつらい時は前日に思い切ってライナー券を購入しています。

2)座席がゆったり

現在の湘南ライナーは昔「特急」として使われていた185系の車両が使われているそうです。普通の電車よりも少しだけゆったり座れますし、リクライニングも可能です。

3)まあまあ早い

途中の駅を通過するのでまあまあ早いです。湘南から東京に向かう上り電車の場合、戸塚、横浜、川崎、新橋には止まりません。

4)車内が静か

湘南ライナーは有料なので、乗客のほとんどが社会人です。学生はめったに乗っていません。団体で乗る人もあまりいないため、車内はとても静かです。

湘南ライナーのデメリット

1)500円

ライナー券は500円です。自動販売機で購入します。朝買おうと思ってもだいたい売り切れているので前日の夜に購入しています。

2)本数が少ない

普通の電車に比べて本数が圧倒的に少ないです。

3)ほかの便に乗れない

予定していたライナーに乗り遅れたから次のライナーに乗ろうと思ってもそうはいきません。乗り遅れたらライナー券はただの紙切れになってしまいます。前日にライナー券を買ったら、当日は早めに駅に行きましょう。

海辺のまとめ

メリットとデメリットを考えてうまく湘南ライナーを活用してみてください!

コメント