テラスモールよりも楽しい! 辻堂の文化財ハイキングコース

辻堂の文化財ハイキングコースを歩いてみました。

永禄年間の頃、辻に御堂があったため、この地は「辻堂」と呼ばれるようになったそうです。

その御堂とは、旧鎌倉街道と村の道との交差点である「南の寺」宝泉寺であるという説が有力とのこと。

辻堂古道 9つの見どころ

tsujido-map
地図のとおりに歩くと1時間ほどでしょうか。

ちょうどいい散歩コースです。

  • 二ツ家稲荷(ふたつやいなり)
  • 二ツ家道祖神 常光明真言塔(ふたつやどうそじん・じょうこうみょうしんごんとう)
  • 伊勢屋の墓地(いせやのぼち)
  • 本立寺(ほんりゅうじ)
  • 宝泉寺・諏訪神社(ほうせんじ・すわじんじゃ)
  • 東町道祖神(ひがしまちどうそじん)
  • 北町道祖神(きたまちどうそじん)
  • 宝珠寺(ほうしゅじ)
  • 熊の森権現(くまのもりごんげん)

「北の寺」宝珠寺へ

temple
「北の寺」宝珠寺には立派な門があり、その前に「羂索」という文字が掲げられていました。

「けんさく」と読むそうです。

羂索とは、本来、猟具として使う罠(わな)のこと。仏教では、五色の糸をなって作る縄状の仏具を指します。

不動明王・不空羂索観音などが持つ、衆生済度の象徴だそうです。

まとめ

普段は自転車で通りすぎてしまいますが、歩いてみると、テラスモールにはない、いろんな発見があり面白いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク