Suica定期券の期限が切れたら自動精算を止める方法

 Suicaの怖さを感じる出来事があった。

通勤にはいつもSuicaを利用している。移動距離が長いので、電車賃は片道だけでも結構な額になる。もちろんSuica定期券を購入して使っている。

自動精算機能に要注意

定期券の期限が切れると悲惨なことになる。なぜなら、Suicaには自動精算機能という機能があり、定期券の期限が切れていてもチャージの残高が残っていれば、勝手に精算されて改札を通れてしまうのだ。

オートチャージ機能を設定していると、チャージの残高がなくなっても勝手にお金が追加されてしまう。つまり、いつまでたっても定期券の期限が切れていることに気づかないのだ。実際、今週の月曜日から金曜日まで全く気づかなかった。ガーン!

自動精算機能を停止する方法

これはどうにかしないといけない。早速、JR東日本のサイトをチェックしてみた。「Suica>利用方法>ご利用の際のご注意・ご案内」に記載があった。

定期券の有効期間やチャージ残額についてのアラームとして、お客さまのご希望により以下の機能を設定することもできます。ご希望の場合は、駅改札係員にお申しつけください。

・定期券の有効期間が14日以内になると、改札機での処理音を変える機能(「Suica定期券」)
・定期券の有効期間終了とともに自動精算機能を停止し、定期券の期限切れ忘れを防止する機能(「Suica定期券」)
・カード内の残額が1,000円以内になると、改札機での処理音を変える機能

まとめ

二度と無駄な出費をしないように、今のうちに駅に行って全部設定してもらおう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク