大岡山と大倉山、どうすれば間違えないか?

4865988033

大岡山と大倉山はどちらも東急電鉄の駅名です。

間違えて違う駅に行ってしまった人もいるんじゃないでしょうか。

私も先日、危うく間違えて行くところでした。

これ以上、間違える人が出ないように、それぞれの特徴をまとめてみました。

「大岡山」駅 東京都大田区北千束

大岡山駅には東急電鉄の目黒線と大井町線が通っています。駅前に東京工業大学のキャンパスがあることで知られています。目黒区のWebサイトによると、1924年(大正13年)に東京高等工業学校(現在の東京工業大学)が蔵前から移転してから、街が少しずつ発展したとのこと。呑川(のみかわ)に面した急坂の多い地域で、北から南に長く小高い山があるため、「大岡山」と呼ばれるようになりました。

「大倉山」駅 神奈川県横浜市港北区大倉山

大倉山駅には東横線が通っています。大倉山という名称は、実業家の大倉邦彦(1882~1971)が小山の上に創設した大倉精神文化研究所が由来です。小山のふもとに梅園を所有していた東京横浜電鉄(現在の東急電鉄)が、その名称を大倉山公園としたのは、その後です。東京横浜電鉄は1932年(昭和7年)に駅名を「太尾」(ふとお)から「大岡山」に変更しています。かなり前のことです。駅周辺の住所表記が「太尾」から「大岡山」に変わったのは2007年でした。これはつい最近のことです。

どうすれば間違えないか?

大岡山は地名が由来、大倉山は横浜の大倉さんという人名が由来、と覚えておけば、間違えることもきっとないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク