「霊山寺(徳島)」四国八十八箇所霊場の一番札所に行ってきた

霊山寺の多宝塔 journey

徳島への帰省ついでに四国八十八箇所霊場の一番札所、霊山寺(りょうぜんじ)に行ってきました。

写真は霊山寺にある多宝塔です。

そもそも四国八十八箇所霊場とは?

霊山寺
四国八十八箇所霊場を開創したのは、あの「弘法大師」空海だと伝えられています。

開創は平安時代の815年で、今年は何と1200年目の節目の年なのです。

そのため徳島、高知、愛媛、香川の四国4県は、四国八十八箇所霊場の世界文化遺産登録を目指す活動に力を注いでいます。

ちなみに空海は香川県出身だそうです。

四国八十八箇所一番札所の霊山寺へ

お遍路マップ
四国八十八箇所霊場の出発地点は霊山寺です。

霊山寺は徳島県鳴門市大麻町にある古いお寺です。

祖父母が近くに住んでいたため、小さい頃から何度も訪れたことがあります。

この地図を見ると、二番札所の極楽寺までは車で5分、徒歩18分とのことです。

白装束のお遍路さん

霊山寺
一番札所だけあってこれから八十八箇所を回り始める白装束のお遍路さんがたくさんいました。

お遍路さんとは八十八箇所を巡る人のことです。

徒歩、自転車、マイカー、ツアーバスなど巡礼の方法はさまざま。

ハーレー・ダビッドソンでツーリングしている人もいました。

お遍路さんは、白衣(はくえ)を着て、金剛杖(こんごうづえ)を持って八十八箇所を巡礼します。

まとめ

徳島に行く人は四国八十八箇所霊場の一番札所、霊山寺にお立ち寄りくださいませ。

お遍路の雰囲気を味わえます。

第1番札所 竺和山 一乗院 霊山寺
〒779-0230 徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126

大きな地図で見る

コメント