日本代表はワールドカップでベスト16以上の結果を残せるか?

いよいよワールドカップが始まりますね。

日本代表は1998年から5大会連続でワールドカップに出場します。

各大会でどのような成績を残してきたのか、振り返ってみましょう。

1998年フランス大会 グループリーグ敗退

結果は0勝0分け3敗。監督は岡田武史。日本にとって初めてのワールドカップは世界との差を痛感する残念な結果に終わりました。3戦目のジャマイカ戦で中山雅史が日本人初ゴールを挙げています。全部テレビで観戦しました。

2002年日韓大会 ベスト16

グループリーグは2勝1分け0敗。決勝トーナメントの初戦でトルコに敗れベスト16でした。監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。日本中がお祭り騒ぎになりました。私は新潟と韓国の蔚山で試合を観戦。数年後、トルシエがマルセイユの監督をしていた時に、クラブハウスで雑誌用の写真を撮らせてもらいました。トルシエさん、その節はありがとうございました。

2006年ドイツ大会 グループリーグ敗退

結果は0勝1分け2敗。監督はブラジル人のジーコ。初戦のオーストラリア戦は現地のスタジアムで見ていました。中村俊輔のゴールで先制して勝てると思い、浮かれて喜んでいたら、派手に逆転されて意気消沈。今となってはいい思い出です。

2010年南アフリカ大会 ベスト16

グループリーグは2勝0分け1敗。決勝トーナメントの初戦でパラグアイに敗れベスト16。 監督は岡田武史。浦和レッズの阿部勇樹をDFとMFの間に置くフォーメーションがうまく機能し、不安視されていた前評判を覆しました。

2014年 果たしてブラジル大会はどうなる?

監督はイタリア人のアルベルト・ザッケローニ。日本代表はワールドカップでベスト16以上の結果を残せるでしょうか? ヤタガラスのお守りと一緒に応援します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク