山田直輝の2得点で韓国を下す。2009年 U-20日韓戦の話です。

アルベルト・ザッケローニ率いる日本代表が、ホン・ミョンボ率いる韓国代表を下し、東アジアカップで優勝しました。

先発出場した原口元気が途中で交代させられないかヒヤヒヤして見ていましたが、後半ロスタイムのドリブル突破からのシュートは見事でしたね。

4年前のU-20日韓戦で何が起きたのか?

それはさておき、ホン・ミョンボがベンチにいる姿を見ると、4年前のU-20日韓戦を思い出してしまいます。

敵地韓国で行われたこの試合、山田直輝の2得点で日本が勝利を収めました。U-20韓国代表の監督を務めていたのがホン・ミョンボだったのです。

東アジアカップでの日本の勝利を喜ぶ反面、ホン・ミョンボ、大丈夫か?と余計な心配をしてしまいました。。。

山田直輝の2得点はこちらです▼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク