期待どおり、いやそれ以上のラーメン屋

丁寧に料理を作っているお店に出会えると幸せになります。

最近、八丁堀にオープンした「麺や 七彩(しちさい)」は、期待どおり、いやそれ以上のラーメン屋でした。

土曜日でも行列

八重洲や八丁堀はビジネス街なので、土曜日の昼なら普通に入れるだろう、と思ったのが大間違い。

12時30分ごろに到着したのですが、店の外にはすでに6、7人が並んでいます。

私は列に並ぶのが大嫌いです。でも、どうしても七彩のラーメンを食べてみたくて、おとなしく行列の最後尾で並ぶことにしました。

(13時30分までに会社に戻らないといけないんだけど。ドキドキ)

七彩

東京ラーメンストリートから八丁堀へ

七彩はもともと都立家政に店を構えていて、その後、東京ラーメンストリートでも営業していたそうです。

そして今月、八丁堀に移転してきました。すでにこれだけ人気を集めているのはすごいことですね。

お店ができたばっかりなので、入口ののれんも真っさらです。

七彩

うまかった。喜多方肉そば(醤油)

自動販売機を見ると大きなボタンが二つありました。

一つが「喜多方らーめん(煮干)820円」で、もう一つは「喜多方肉そば(醤油)1070円」です。

私は迷わず喜多方肉そば(醤油)にしました。

店内でも少し並びました。並び始めてから食べるまで、トータルで30分ほど待ったでしょうか。

七彩

まとめ

うまかったです。

まずスープがうまい。優しくてすっきりしています。ここのスープを飲むと、他のラーメン屋の味付けが濃すぎることに気づかされます。

次にチャーシューがうまい。真ん中のチャーシューは少し赤みを残していて、下のチャーシューはしっかり煮こまれている。食べ比べができて楽しくなってきます。

そして、麺がうまい。店員さんが目の前でガーっと小麦粉をこねて、まん丸の生地を作り、麺棒で何度も何度も薄く伸ばして、トントントンと手際よく麺を切っていきます。

やさしいスープ、2種類のチャーシュー、そして打ちたての麺。

この3つが絶妙に絡み合った喜多方肉そば、うまかったなー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク