スペイン バスク州 サン・セバスティアンで食事をしてみた【2017秋】

sakona coffee

sakona coffee
2017年の夏休みに、グルメの街として知られるスペインのサン・セバスティアンへ行ってきました。

朝、昼、夜と時間の許す限りバルへ足を運び、印象的だった店をご紹介します。

どうぞ!

●朝食

▼フアンチョ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
地元のおじさんたちに人気のバル。朝早く行くと、常連とおぼしきおじさんが、他のお客さんや店主と楽しそうに会話をしている。カウンターに10種類ぐらいのサンドイッチが並んでいて、どれも食べてみたくなった。迷った挙げ句、トルティージャのサンドイッチに決定。夢中になって食べていると、店主が出来たてのサンドイッチを次々とカウンターに並べていたので、今度行く時は、今回よりも少し遅く、朝10時ぐらいに訪ねてみたい。再チャレンジ!
JUANTXO

▼MAIATZA(発音が分からない。マイアツァなのかな)(旧市街 パルテ ビエハ)
上記フアンチョと同じ通りにお店が2つある。一つ目の店舗に行った時、まだ開店前で準備中だったので、諦めてとぼとぼ歩いていたら、同じ名前のもう一つの店舗が空いているのを発見。トマトとオリーブオイルが乗った全粒粉パン、キウイやグラノーラ入りの濃厚ヨーグルトを注文した。パンに飽きた時にヨーグルトはぴったり。日本のヨーグルトとは異なり、ねっとりしていて、濃厚。体に優しい朝食で1日を始めるならココ。
(なぜかグーグルマップに見当たらず)

●おやつ

▼オタエギ(旧市街 パルテ ビエハ)
旧市街の真ん中にある創業1886年の老舗菓子店。パステル バスコ(バスクの焼き菓子)とプラムケーキをホテルの部屋に持ち帰った。おやつにぴったり。
OTAEGUI

▼オイアルツン(旧市街 パルテ ビエハ)
サン・セバスティアンの目抜き通りに面した創業1972年の老舗菓子店。ナポリターナ(チョコレート入りのパン)、ブニュエロ(ドーナツ)、ポルボロン(小麦粉や砂糖で作られたお菓子)を食べてみた。甘いものが好きな人におすすめ。
OIARTZUN

▼ラ ヴィーニャ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
バルなのだが、チーズケーキで有名。甘過ぎないので、いくらでも食べてしまいそうになる、危険なケーキ。元浦和レッズレディースでサン・セバスティアン フェミニーナに所属する後藤三知選手もインスタグラムにアップしていた。
LA VIÑA

▼サコナ コーヒー ロースターズ(グロス地区)
せっかくなので橋を渡ってスリオラビーチがある東側のグロス地区に足を伸ばしてみました。おいしいカフェ コン レチェが飲める貴重なカフェです(写真参照)。コーヒー豆も販売しています。
SAKONA COFFEE ROASTERS

●夕食

▼アタリ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
せっかくなので黒板に書いてあったソロミージョ(牛ほほ)、アロス ディア(本日の米料理)を注文。アロスはムール貝のリゾットでした。このリゾットはサン・セバスティアンで食べた中で個人的ナンバーワン。あと、カウンターにサングリアのピッチャーがさりげなく置いてあるのを見つけ、こちらもいただきました。
ATARI

▼カーサ ウローラ(旧市街 パルテ ビエハ)(また行きたい)
ホタテ、タコ、フォアグラを注文。カウンターにはピンチョスがあまり置かれていなかった。店主が忙しそうに働いているので、その様子をうかがいながら、タイミングを見計らって、黒板に書いてあるメニューを注文してみましょう。滞在中、2度訪問。
CASA UROLA

▼バル アイゼア(旧市街 パルテ ビエハ)
昔ながらのバル。おばさんが切り盛り。レアル・ソシエダのマフラーが誇らしげに掲げられていた。黒板のメニューにかわいい豚のイラストと文字が書かれていたので、これは何?と質問したら、足の部分を指差していた。たぶん豚足なのだろう。豚足はいやだなと思い、迷っていたところ、英語のメニューをくれたので、マッシュルームを注文。5分後にアツアツで出てきました。
BAR HAIZEA

●注意点
定休日に要注意。Webの情報はあてにならない。もし道を歩いていて、お目当てのお店が開いていたら、迷わず入ったほうがいい。翌日も開いているとは限らない。

スペイン バスク州 ビルバオで食事をしてみた【2017秋】

el eme bilbao

el eme bilbao
今回の旅の拠点はビルバオ。

グッゲンハイム美術館があるインダウチュ地区はもちろん、旧市街のカスコビエホ地区にも足を伸ばしてみました。

ちょっと食べすぎたかな。オススメの7店舗を紹介します!

●朝食

▼エル エメ(エレメ)(インダウチュ地区)(また行きたい)
サンドイッチで有名なお店。1回目はオーソドックスなハムのサンドイッチのみがあり、2回目に行った時はアンチョビのサンドイッチも発見。外側のパンがしっとりしていて、食べごたえもあり、大変満足。
EL EME

●ランチ

▼リオハ(リオ-オハ)(旧市街 カスコ ビエホ)(また行きたい)
昼頃に訪問。先客は3、4人がカウンターにいるだけ。カウンターには煮込み料理が7、8種類並んでいました。その中から、バカラオ(たらの煮込み)とラボ(牛テールの煮込み)を選んでテーブルで待機。しばらくすると温めてくれた状態で出してくれました。ピンチョスばかりで飽きてきたら、汁ものが飲みたくなるので、そういった意味でもココはありがたいお店です。
RIO-OJA

▼メリジャ イ フェズ(旧市街 カスコ ビエホ)
名物はピンチョス モルノス(羊の串焼き)。店内の奥にある炭で焼いてくれます。パンに挟んで食べるとおいしい、はず。帰国してから、パンに挟んで食べればよかったと後悔しています。
MELILLA Y FEZ

▼バル ムギ(インダウチュ地区)(また行きたい)
ヒルダ(アンチョビ+オリーブの実+青とうがらし)などのピンチョスや、スリート(小さいグラスに入ったビール)、モスト(ぶどうのジュース)などを注文した後、あったかい料理が食べたくなり、店員さんに相談。すると、奥からシェフが登場。英語であれこれ相談した結果、ベルドゥラス(野菜)とモルシージャ(血のソーセージ)をブラサ(炭焼き)で出してもらいました。野菜に飢えていたので、うれしかった。モルシージャの滋味深さにも感動。アトレティックの試合日は激混みなので要注意。
BAR MUGI

●おやつ

▼ドン マヌエル(インダウチュ地区)(また行きたい)
美しいケーキや焼き菓子がずらりと並ぶ店内は必見。どれにしようか最低10分は迷います。パステル バスコ(バスクの焼き菓子)、ボジョ マンテキージャ(ビルバオ名物、バター入りのパン)などを購入。
DON MANUEL

●夕食

▼エル グロボ(インダウチュ地区)(また行きたい)
理由は分かりませんが、なぜかココは落ち着きます。カウンターに並ぶチャングロ(カニ)のピンチョスやトルティージャ(オムレツ)を食べつつ、締めは黒板に書いてあったFoie フォア(フォアグラ)で。滞在中、2度訪問しました。
EL GLOBO

▼ラ ビーニャ デル エンサンチェ(インダウチュ地区)(また行きたい)
ホセリート(生ハム)で有名なお店。生ハムにあまみがあり、舌の上でとろけます。うわさどおり抜群のうまさでした。タパ ウエボ イ フォア(フォアグラと卵)もとろりとしていて味わい深く、やみつきになる。
LA VINA DEL ENSANCHE

伊豆の修善寺温泉に行ったら修禅寺へ行こう

年末に修善寺温泉に行ってきました。ただ温泉に入るだけだともったいない。というわけで修禅寺に足を伸ばしてみました。

「三島」駅から伊豆箱根鉄道で「修善寺」駅へ

電車で東京方面から修善寺温泉に行くなら、まずは新幹線で「三島」駅まで行き、そこから伊豆箱根鉄道で「修善寺」駅へ向かいます。
IMG_4516

「修善寺」駅は2014年に新しくなりました

以前にも修善寺駅に来たことがあり、こんなにきれいな駅だったかなと思ったら、やはり2014年に新しい駅舎になったそうです。今回は年末に訪れたので駅舎内にクリスマスツリーが飾られていました。駅前から修善寺温泉までは路線バスが出ていて、乗車時間は約10分でした。
修善寺駅

せっかくなので修禅寺に行ってみました

という見出しを書く時に気づいたのですが、修善寺温泉と修禅寺、「ぜん」の字が違うんですね。修禅寺は平安初期の807年に弘法大師が開創したと言われています。写真はお寺の山門です。
修善寺

真言宗、臨済宗、そして曹洞宗に

約470年間は真言宗として栄えました。鎌倉時代になり臨済宗に改宗して二百数十年間続き、室町時代になり曹洞宗に改宗したそうです。
修善寺

早朝がオススメ

正式名称は「福地山修禅萬安禅寺」(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)、略して「福地山修禅寺」です。

今回は朝食後に散策してみました。空気がひんやりしていて気持ちよかったです。観光客もほとんどおらず、ひっそりしていました。早朝がオススメです。
修善寺

福地山修禅寺
静岡県伊豆市修善寺964

大阪で早起きして神社に行ってみた

綱敷天神社

大阪の堂山町にある綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)に行ってきました。

1泊2日の大阪出張があり、せっかくなら歴史のある神社に行ってみたくなり、ネットで調べてみたところ、この神社を発見したわけです。

堂山町あたりは夜は客引きが多くてうっとうしいので、2日目の朝に早起きして、散策してみました。 “大阪で早起きして神社に行ってみた” の続きを読む

横浜駅西口に風情のある階段を見つけた

横浜の階段

横浜駅周辺は海に近いので平坦な土地ばかりなのかと思いきや、高低差を体感できる場所があることに気づきました。

モアーズやヨドバシカメラがある西口方面に行く機会があれば、少し足を伸ばしてみると面白いですよ。

横浜駅西口から旧東海道を結ぶ細い道が、風情のある階段になっているのです。 “横浜駅西口に風情のある階段を見つけた” の続きを読む

仕事帰りに東海道は歩けるのか? 日本橋から平塚競技場へ歩き旅のプランを作ってみた

20141221154044
JR東海道線に乗って湘南と東京を往復し始めてから、かれこれ10年以上がたちました。

最近は長時間座り続けるのが苦痛なので、席を譲ることも多いんですよね。

運動不足解消のためにも、今年は仕事帰りに途中下車して東海道歩き旅にチャレンジしてみようと思います。 “仕事帰りに東海道は歩けるのか? 日本橋から平塚競技場へ歩き旅のプランを作ってみた” の続きを読む

MAC OS X YOSEMITEをダウンロードする前に、アメリカのYOSEMITEに行ってきた

Macの新しいOS XはYOSEMITEという名前だそうですね。

さまざまなブログで最近よく目にします。

夏休みにサンフランシスコに行く機会があり、「本物の」ヨセミテまでは車で3、4時間とのことだったので、バスツアーに参加してきました。
“MAC OS X YOSEMITEをダウンロードする前に、アメリカのYOSEMITEに行ってきた” の続きを読む