天皇杯浦和レッズ対カマタマーレ讃岐、テレビ放送あるぞ

10月10日(水)に第92回天皇杯3回戦浦和レッズ対カマタマーレ讃岐が行われます。

平日の開催で、しかも会場が佐賀なので、参戦できない人も多いはず。

テレビで放送しないのかなあと思い、調べたら、ありましたよ、テレビ放送。

10月10日(水)19:00キックオフ
第92回天皇杯3回戦
カマタマーレ讃岐 vs 浦和レッズ
佐賀県総合運動場陸上競技場
テレビ中継 NHK-BS1(生中継)

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会|大会・試合|日本サッカー協会
間違えて香川に行くなよ!

Posted from するぷろ for iPhone.

新横浜駅から日産スタジアムへのアクセス

今日の目的地は日産スタジアム。

2002年ワールドカップ決勝が行われたスタジアムです。

クラブワールドカップのレッズ対ミラン、レッズ対セパハンが行われた会場でもあります。

小机駅と新横浜駅、どっちから行こうか迷った挙げ句、今回は新横浜駅から歩いてみることに。


さあ、新横浜駅から出発。さすが新幹線が止まる駅だけあって、人が多いなあ。そういえば3連休じゃん!


とりあえず日産スタジアムを目指し、案内表示に従い、外に出てみたの図


日産スタジアムは左! 横浜労災病院も左! とにかく左!


秋っぽい雲を眺めながら、ひたすら歩いていく


歩道橋をスタスタ渡り


看板発見! 日産スタジアムまで870m。まだ結構あるんだね・・・


商店街の中を突き抜け


看板を見たら、西ゲート? 南ゲート? 目的地は東ゲートなんだけど


東ゲートは真っすぐ行けばいいのか


公園の木々がすっかり秋だなあ


さんかくばし、という橋を渡る


川はこんな感じ


チラシをもらった


ミラン戦を見たのは12月で寒かった


そうこうしているうちに日産スタジアムが見えてきた


今日の主役たち


ついに到着

迷うことなくたどり付きました。

以上、新横浜駅から日産スタジアムへのアクセスを紹介しました!

Posted from するぷろ for iPhone.

浦和レッズ、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督と契約更新で合意

浦和レッズが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督と契約更新で合意したことを明らかにしました。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督と契約を更新することで合意し、2013シーズンも引き続き指揮を執ることになりました(浦和レッズ公式)

昨日は柏レイソルに勝ち、逆転優勝に望みをつなぎました。契約更新が決まって良かったです。

旧ユーゴスラビア出身の同監督は昨季まで広島を率い、今季から浦和の監督に就任。昨季15位に低迷した浦和を立て直し、ここまで3位と健闘している。(日刊スポーツ)

ほんとよくここまで立て直しましたよ。

就任1年目で昨季15位に終わった名門を優勝争いを繰り広げるまでに立て直した手腕をクラブ側が高く評価。8月末から続投交渉を続けてきたが、このほど1年間の延長で正式合意した。(スポニチ)

8月末から交渉を続けていたんですね。

来シーズンもよろしくお願いします!

Posted from するぷろ for iPhone.

意外と近い! 桜木町駅からキャプテン翼スタジアムへのアクセス

今日は横浜へ。

桜木町にあるキャプテン翼スタジアムというフットサルコートに行ってきました。

最寄り駅は馬車道駅。

実は桜木町駅からでも意外と近い。

20120929-100617.jpg
▲キャプテン翼スタジアムを目指しJR桜木町駅をスタート
20120929-100623.jpg
▲左手にランドマークタワーがそびえ立つ
20120929-100628.jpg
▲正面にあるクロスゲートのほうに向かい
20120929-100634.jpg
▲桜木町駅前交差点の前を突き進み
20120929-100640.jpg
▲左手には相変わらずランドマークが
20120929-100645.jpg
▲観覧車が見えてきたら右前方へ
20120929-100652.jpg
▲こんな風景になるので
20120929-100658.jpg
▲この道を真っすぐ歩き
20120929-143409.jpg
▲キャプテン翼スタジアムの看板が見えてきた
20120929-143415.jpg
▲この細い道を入っていくと
20120929-143422.jpg
▲やっと到着した
20120929-143438.jpg
▲長谷部と翼くんが温かく迎えてくれた!

柏木陽介の絶妙な2アシストを振り返る。2012年J1第14節 G大阪1 浦和2

ロスタイムに突入した時、播戸のロスタイム弾(2009年)をふと思い出しましたが、結果は全くの逆でした。

■ワントップに原口元気

J1第14節G大阪戦のレッズは、GK加藤順大、DFに坪井慶介、永田充、槙野智章の3人、中盤は平川忠亮、小島秀仁、阿部勇樹、梅崎司、柏木陽介、マルシオ・リシャルデス、ワントップに原口元気というスタメンでキックオフを迎えます。

■「反転」「ドリブル」「パス」

レッズは15分に先制点を許しますが、29分に鮮やかなカウンター攻撃で追いつきます。自陣深い位置にいたマルシオからセンターサークル付近の柏木へボールが渡ると、素早く反転した柏木がドリブルで前に出ます。その動きを見て相手ディフェンスラインの背後に走り出したワントップの原口がボールを出せと指示。柏木がインサイドで正確な縦パスを出し、スピードに乗った原口がシュートを放ち同点とします。柏木がピッチ中央で見せた「反転」「ドリブル」「パス」という素早いプレーが原口のゴールをもらたしました。

■柏木がアウトサイドで梅崎に絶妙なパス

後半は両者譲らず、1-1のままロスタイムに突入します。慌てず自陣でボールをキープする中、柏木が一瞬のすきを見逃しませんでした。柏木が左前方でフリーになっていた梅崎に左足のアウトサイドで絶妙なパスを出すと、梅崎はフェイントで相手をかわして素早く右足を振り抜きゴールネットを揺らします。

■まとめ

レッズが終了間際に貴重な勝利をつかみました。決して冷静さを失わず、わずかなチャンスを物にするあたり、まだまだ期待できそうです。

2012 Jリーグディビジョン1 第14節
2012年6月16日(土)19:03キックオフ
万博記念競技場
14,977人
ガンバ大阪 1 浦和レッズ 2
ガンバ大阪得点者 15分 佐藤晃大
浦和レッズ得点者 29分 原口元気、90+2分 梅崎司